住宅ローンに通らない可能性を考えて慎重に銀行を選んでいます

住宅ローンを組むとなると、高価な買い物になるので0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

従って、最近ネットでも話題になっている評判の是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

どこよりも金利の安さが他の商品を上回り、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。

賞与が入った時の繰上げ返済の手数料も0円です。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

自分の家を購入する時、現金で一括支払いをする。

この様なパターンは、あまり多くありません。

たいていの方は、銀行などから借金として住宅ローンを申し込むのが普通です。

周りでローンを組んでいる人の、何が一番大変か?という話を聞くとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。

ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。

世の中の景気状態も気にしなければいけませんし人生何が起こるか解りません。

けがや病気をするかもしれません。

そのため、慎重に考えたうえで借金をすると良いです。

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

理由として考えられるのは以下のような方です。

400万以上の年収であるかが一つの大きなポイントになります。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

公共料金などの支払いを忘れてしまったり、遅れると信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。

住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。

ローンの金利には大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行から薦められる事はありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

といった事はなく、公平な審査の元で行われます。

どちらの金利にしたら良いかわからない時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

これから住宅ローンを組む方も、既に申し込んでいる方もこれから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、途中からでも申込み出来るのか聞いてみましょう。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、ないし、新築の住宅をお買い上げされた方が申請可能になります。

改装された方で工事費用に100万円以上かかった方も対象です。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。

35年という長い間、世の景気に左右されることなく、フラット35のローン審査は一般的な物よりも審査の見方が異なります。

とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はとはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。

違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。

という所を重点的に見る。

という点です。

逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

その保険は、団体信用生命保険という名前のものです。

この保険の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

参考:住宅ローン通らないときはどうする?【審査落ちた場合の銀行選び】

こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅ローンを組む事ができます。

これから住宅ローンを組む予定のある方に、便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。

大きなお金が入った時にまとめて返す事が出来れば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

けれども、特別収入が付与されない会社も多く毎年金額が大きく左右する可能性も考えられます。

そのような事もあり賞与ありきで返済をしているという人は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、任意返済もできるところで申請してみましょう。

住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。

繰り上げ返済はいつもの支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。

繰り上げ返済をする事により、ローン元金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても慎重に行われます。

審査の合否判断には約1週間前後かかります。

結果は口頭もしくは電話で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印、諸費用などすべて用意しておくと良いです。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。